故人を静かに見送りたい

大きなお葬式にはお金がかかります。

最近では故人の親しい人の実で行う小さなお葬式が増えています。

小さなお葬式のひとつである『家族葬』も故人にお別れを言いたい方から批判等ありましたが、現在ではその認知度が広まり葬儀会社に家族葬を依頼する方が増えています。

喪主からの話では、たくさんの来客がある大きなお葬式では故人を静かにお見送りできないが、家族葬だとゆったりと静かにお見送りができるのでとてもよかったとの声もありました。

yjdtjyd
葬儀の後はお墓選びです。近年では霊園が一般的になってきました。
霊園やお墓を選ぶ場合には、料金は霊園の見た目の綺麗さなど、視覚的な要素を中心に考えてしまいます。こういった目に見える部分も大切ですが、それ以外にも注意したい点はあります。お彼岸やお盆などにお墓参りをしようと思っても、距離が遠ければ億劫になります。

アクセスが不便ならば、足が遠のいてしまうのです。ここでは、霊園を選ぶ際にこだわりたいポイントは何かをご紹介しましょう。購入後を見据えた役立ちの情報が満載です。

葬儀の後はお墓探し!

  1. <車でお墓参りをする場合は霊園の駐車スペースに注意すること>です。自家用車を使ってお墓参りすることを想定しているならば、立地条件はそれほどシビアにならなくてもいいでしょう。年に数回のことですからドライブ感覚でお墓参りができます。

    交通費も場所によれば公共交通機関の電車やバスを利用するよりも安く抑えることができるでしょう。距離が離れていても高速道路のインターチェンジから近ければ問題ないです。しかし、車を利用する場合に注意したいのは駐車スペースの問題です。

    霊園が所有している駐車スペースに台数制限があったりするとやっかいです。お盆やお彼岸はお墓参りの人たちで混雑しますから、駐車するまでに異様に時間がかかることもあります。霊園の駐車スペースについては、車での墓参りを想定している場合はシビアに考えましょう。

    また、いつまでも運転できませんから、そういったことも考えておきましょう。

  2. <公共交通機関で霊園に行く場合の送迎バスの有無を確認すること>です。公共交通機関を利用してお墓参りをする場合は霊園のバス停や最寄り駅の交通手段がどうなのかを確認しておきましょう。バス停や駅が近いことは魅力的です。しかし、そこへ行く電車やバスは頻繁に運行されているでしょうか?霊園によっては無料の送迎バスが運行されているケースもあるので、こうった霊園を選ぶのも一つの方法です。
  3. <霊園の立地は将来を見据えて考えること>です。実際にお墓参りをされるのはご家族だけとは限りません。ご親戚やお友達が足を運んでくれることもあるでしょう。ましてや家族葬を選んだ場合は友人等はお墓にしか故人とお別れを言う場所はありません。年輩の人たちも訪問してくれることを考えて<通いやすさ>を広範囲で考えましょう。
  4. hntyd

    お墓のお引っ越し

    最近、「お墓のお引っ越し」がブームになっている背景は、こういった場所の問題があるのです。老後になっても問題がないような霊園を選ぶといいでしょう。霊園・墓地の種類は3種類ありますが、それぞれの特徴をご説明いたしましょう。

    1. <寺院墓地>
      お墓がある場所で最も親しみがあるのがお寺の敷地にある寺院墓地でしょう。葬儀や法事をお寺でする場合は親しみもあります。お寺が管理運営しているので安心してお墓を建てることができます。メリットとしては「信仰している宗教で弔えること」や「地域に密着していること」や「供養や法要の場合に直接、ご住職に依頼できること」です。

      デメリットは、「檀家としてお布施や寄付など寺院独特の料金が課せられるケースがあること」や「信仰している宗旨や宗派でないと宗旨替えの可能性もある場合は厄介であること」や「バリアフリーでない墓地が多いこと」や「お墓のデザインに制限があること」でしょう。

    2. <公営霊園>
      都道府県や市区町村で運営されているのが公営霊園です。寺院墓地よりも一般的には規模が大きいです。管理もしっかりしているところが多いです。利用料金や管理料金も寺院墓地と比較するとリーズナブルです。メリットとしては、「宗教が自由」で「大規模霊園が多い事」や「永代使用料や管理費が安い」ことです。

      デメリットは「遺骨が手元にあることが必須であること」や「自宅から遠いこともある」し「バリアフリーの霊園でないことが多いこと」です。

      大規模霊園の場合はお盆やお彼岸の時期は大渋滞しますし、墓地使用者は抽選になることもあります。抽選でしか受け付けていない公営霊園も多いです。募集時期も決まっており、納骨したくてもお墓がない場合は何年間も手元供養になります。

    3. <民間霊園>

      経営主体は財団法人などで、委託された企業が運営管理をしています。利用者の利便性を考えて法要施設や会食施設が充実しているところが多いです。墓参者に配慮して駐車スペースや綺麗なお手洗いや供花やお線香などのものも準備しています。メリットとしては、宗教が自由で、遺骨がなくても生前墓として建てられることです。

      交通のアクセスが便利なところも多く法要施設が充実しており、霊園でお墓参りしやすいサービスが豊富です。バリアフリーの霊園がとっても多くなっています。昔ながらの寺院墓地や公営墓地が悪い選択ではないです。ですがメリットが多い民間霊園に人気が集まっています。

    東京で自分のお墓を建てる霊園を探すということは自分の人生の大きな決断の一つと言っても良いかと思います。その為、東京の霊園を探すということにはどうしても慎重にやっていただくということが重要となります。

    家族葬のご相談は花葬儀まで「http://www.hana-sougi.com/」

Copyright© 2014年10月6日 家族葬は小さなお葬式
http://marchini-galerie-peintures.com All Rights Reserved.